Q. 相談内容

車の買い替えで60万円のローンを組みたい。実は5年前、サラ金7社・約400万円の借入金が返済できず自己破産した。このことが信用情報に載っていれ ば、ローンが組めないのではないか。何年経てば信用情報は消えるのか。以前、自宅に「簡単、融資します…」という内容のダイレクトメール(DM)が来た が、そこなら貸してくれるだろうか。

A. 回答

サラ金に限らず自己破産すると官報に掲載される。その情報は各信用情報機関でも「官報掲載情報」として管理され、7年間は保有される。
現状では、自己破産した場合7年間は新たな借入れは何処の金融機関でも難しい。
DMは違法なヤミ金業者からのものと思われる。決して電話などしないこと。車の買い替えを後2年我慢したらどうか。
なお、信用情報は本人が「信用情報開示申請」を行い、見ることもできる。

※ワンポイント

【信用情報開示請求】 
何処からどの位借りているか、何時、幾ら借りて、幾ら返して、金利はどの位払ったかなどの「借入履歴」を含む「個人信用情報」を取れば、その人の置かれている正確な状況は一目瞭然。
「信用情報開示申込書」は、本人が申請し、窓口に行けば当日、郵送の場合は約2週間後に、「本人限定受取郵便(特例型)」で受取れる。
なお、法定代理人や、弁護士など任意代理人も申請は可能(任意代理人の場合、書面の受領は本人限定受取)。
サラ金やクレジット・キャッシング等の履歴・信用情報開示の申請・申込、問合せ先
●サラ金の履歴は「JIC(ジック)/㈱日本情報センター」へ。℡0120―441―481
●銀行系クレジット・信販・流通系キャッシング・ショッピングなどの履歴は「㈱CIC/開示相談コーナー」℡0120―810―414、又は「首都圏開示相談室」℡03―5326―8921 へ。
●銀行ローンや銀行系クレジットの履歴は「全国銀行個人信用情報センター」へ。℡0120―540―558  携帯は 03-3214―5020
多重債務者救済のためにも、まず正確な状況把握が求められる。ここで借金の90%以上は捕捉可能と思われる。

【ヤミ金融】 
ヤミ金融とは出資法上限金利(29.2%以内)を超えて高利で貸出す違法業者を指すが、各都道府県の貸金業登録認可を受けた業者と無登録業者がある。
自己破産者や多重債務者の名簿を手に入れ、電話やダイレクトメール(DM)で近寄ってくるが、決して安易に口座番号や家族情報など教えないこと。大切な個人情報の流失で思わぬ災難に遭うことにもなる。
特に、電話番号以外連絡先や所在が掴めない「090金融」は、貸出金額が1~5万円と小額なため「短期小口業者」ともいわれるが、要注意。

※回答者

アドバイザー