Q. 相談内容

サラ金の過払い請求とはどんなものか。
サラ金から借入していて7~8年前に一度完済したが、その後また借りて現在80万円の残金がある。
返し終わったものでも、払い過ぎた分は戻ると聞いたが、どのように調べるのか。

A. 回答

過払い請求とは、業者の貸付金利を利息制限法の低い金利で計算し直し、払い過ぎた分を返還請求するものである。計算のためには、業者から借入及び返済の取引履歴を取寄せる。
高い利息で完済しているということは過払い金があると思われ、その返還又は現在の借入分の減額ができる。但し、完済してから10年を経過すると、時効により返還請求はできなくなる。
多重債務については、弁護士会や県の消費生活センターで無料相談も行っており、弁護士等に依頼しても1件ならば費用は2万~3万円位の負担でできる(過払い分が返還されたら金額に応じて報酬を支払うことになる)。

※ワンポイント

【サラ金の過払い分】 
○過払い金
かつてサラ金から借入して返済し終わった人でも、返済し終わったときから10年が経過していなければ、過去に払い過ぎたグレーゾーン金利分(過払い金)を取り戻すことができる。
10年以内に、消費者金融や信販会社のキャッシングを利用していた人、商工ローンから高利で融資を受けていた中小企業の経営者などは、思わぬ金額が戻る可能性もあるので一度、弁護士など専門家に相談を。

※回答者

弁護士 佐藤 豊