Q. 相談内容

体調がよくないことから受診したところB型肝炎であることがわかりました。
しかも子供の頃受けた集団予防接種の際に連続使用した注射器によってB型肝炎ウィルスに
感染したようです。何か救済を受ける方法がありますか。

A. 回答

平成元年以降、国に対して損害賠償請求が次々とおこされた結果、平成24年に被害者に対して給付金等を
支給する「特別措置法」が出来ました。これを利用するためには、医療機関に証拠となる診療記録を求め、
裁判所で国を相手に国賠請求をします。一定の証拠が揃っていれば、裁判所で和解調書を作成し、これに
基づいて支払基金へ支給請求が出来ます。以前より簡単に一定額の給付を受けられるようになりましたが、
それでも裁判を起こしますから、弁護士に相談して、代理人として手続きをしてもらうことが必要です。

※回答者

弁護士 柳澤 修嗣