活動報告
<< 一覧へ戻る

報告日:2014-11-22

第44回長野県消費者大会・消費者問題シンポジウムin長野

内   容:
この画像はクリックすると大きな画像を閲覧できます。
第44回長野県消費者大会の様子
この画像はクリックすると大きな画像を閲覧できます。
講演する河上正二消費者委員長
この画像はクリックすると大きな画像を閲覧できます。
シンポジウムのパネルディスカッション

第44回長野県消費者大会・消費者問題シンポジウムin長野が開催されました。

 

 11月22日(土)県労福協が加盟する長野県消費者団体連絡協議会(県消団連)主催の「第44回長野県消費者大会」が長野バスターミナル会館・国際ホール(長野市)にて開催され、「生活の安全と安心をめざして」をテーマに、県下各地より120人が参加しました。 

県消団連の牛澤高志事務局長(県生協連専務理事・県労福協理事)が県消団連の取り組み報告の後、消費者庁食表示企画課の船田修平課長補佐より「新しい食品表示基準を考える」と題して講演いただきました。

 続いて、構成団体の活動報告として、岡谷市連合婦人会の高見澤恒子会長が「市内の緑のカーテン調査やあいさつ運動」などの取り組みについて、コープながのの縣美智子全体区理事が「コープながのの食育活動」について報告いただきました。

 午後は、内閣府消費者委員会と県消団連共催の「消費者問題シンポジウムin長野」が「消費者被害をなくすために」をテーマに開催され、河上正二委員長が基調講演「消費者委員会の活動と消費者被害について」を行い、逢沢正文県消費生活室長が「長野県から消費者被害をなくすために」と題する講演を行いました。休憩後、パネルディスカッションが行われました。パネリストは長野県県民文化部の逢沢室長、消費者庁消費者教育・地方協力課の植田広信課長、長野県消費者団体連絡協議会の才川理恵副会長(コープながの全体区理事)、長野県弁護士会の中嶋慎治消費者問題対策委員長、コーディネーターは消費者委員会の岩田喜美枝委員が務めました。