活動報告
<< 一覧へ戻る

報告日:2008-03-02

佐久地区労福協勤労者フェスティバル

内   容:
この画像はクリックすると大きな画像を閲覧できます。
佐久地区労福協勤労者フェスティバル会場
この画像はクリックすると大きな画像を閲覧できます。
くらしなんでも相談を受けている来場者
この画像はクリックすると大きな画像を閲覧できます。
悪質商法の被害者の状況を放映している大型スクリーン

佐久地区労福協勤労者フェスティバルが、3月1日(土)、2日(日)両日とも9時30分~から、佐久勤労者福祉センターで開催され、当日は、約1200名の家族づれで賑わいました。
 内容は、県労福協と支援機構では、「くらしなんでも相談・無料職業紹介」「悪質商法撲滅キャンペーン」を開設し、相談や会場に大型スクリーンを設置し、 悪質商法の被害者の状況を放映し、お年寄りをはじめ多くの方が関心を寄せ、悪質商法の実態に多くの方が見入っていました。
 また、訪問販売お断りシールを来場者に配布、玄関に張って悪質業者撃退を呼びかけました。別の会場では、住宅フェアーは県住宅生協のハウスメーカ、不動 産会社計14社出展し、同時に労金による融資相談会も同時に行いました。全労済では、住宅取得に向けた保障セミナーとして講師に生活経済研究所長野 細川 ひとみ氏を迎え講演を行いました。
 その他にも、確定申告相談会、アニメ上映会「ケロロ軍曹2」、そして、地元学生のバンド、合唱等のステージ解放をしました。更に市民に喜ばれたのは、家 庭用ガス器具紹介、佐久総合病院看護士による血圧等の測定や健康相談、無料飲食コーナー、豚汁、ポップコーン等で二日間の楽しいイベントでありました。