活動報告
<< 一覧へ戻る

報告日:2012-09-02

「反貧困全国キャラバン2012in長野」

内   容:
この画像はクリックすると大きな画像を閲覧できます。
反貧困全国キャラバン松本集会
この画像はクリックすると大きな画像を閲覧できます。
長野市内の街宣活動

 9月2日長野県松本入りし、午前中に松本駅前で街宣行動を展開し13時30分から
「反貧困全国キャラバン2012長野集会」を松本勤労者福祉センターにて開催しました。

 
 集会には約100名が参加し、生活保護問題対策全国会議事務局長の小久保哲郎弁護士を講師に招き、「生活保護210万人時代を迎えて~今こそ、生存権保障を考えよう!~」と題した基調講演と、長野県実行委員会の構成団体より代表者によるリレートークを実施し、貧困問題、医療・社会保障、就労・生活支援等の活動や実態報告を行うとともに、集会アピールを採択しました。

 
 翌3日は、長野市にて長野駅前での街宣活動と、長野県へ「生活保護及び中間就労」に関する要請行動を行いました。
 
 その後上田市・佐久市にて、また、4日は諏訪市・伊那市・飯田市にてキャラバンカーによる街宣行動を行い、長野県内での取組みを終え愛知県へ引き継ぎました。



添付ファイル
反貧困キャラバン ルート