活動報告
<< 一覧へ戻る

報告日:2012-09-09

2012国際協同組合年長野県協同組合フェスティバル開催

内   容:
この画像はクリックすると大きな画像を閲覧できます。
この画像はクリックすると大きな画像を閲覧できます。

 長野県生協連も構成団体となっている「2012国際協同組合年長野県実行委員会」が、
9月9日(日) 9時30分~15時 長野市のエム・ウェーブにて、「2012国際協同組合年長野県協同組合フェスティバル」を開催し、関係者や一般の消費者をはじめ12000名を超える大勢の方々に来場をいただきました。

 このフェスティバルは、国際協同組合年の取り組みとして、長野県内における協同組合連携の一環として、組合員同士の交流や協同組合の活動を県民に広くアピールすることを目的としています。
 
 フェスティバルの開会にあたり、和太鼓一道の演奏に続いて、大槻憲雄実行委員長(長野県農業協同組合中央会・各連合会会長)、ご来賓の長野県企画部長の 原山隆一様(知事代理)、長野市農林部長の小林正幸様(市長代理)にご挨拶をいただき、また、2012国際協同組合年全国実行委員会の協同組合地域貢献コ ンテストにて「優秀賞」を受賞された「JAあづみ」の表彰式が行われました。
 
 ステージでは、県内の協同組合の役職員・組合員による演奏やダンス、IYC茨城県実行委員会による二宮金次郎のキャラバン隊、人気のキャラクター ショー、沖縄県の伊平屋村の皆様による『エイサー(踊り)』などが披露され、また、特設ブースでの横山タカ子先生の料理教室、働く車の展示、エアートラン ポリンなどに多くの来場者が結集しました。
 
 会場内では、構成団体や構成団体のお取引先をはじめ県行政、諸団体など89のブースで、「食の安全・安心のために」、「力を合わせて助け合い」、「心豊 かなくらしのために」をテーマに、長野県の特産物、加工食品、野菜、果物やお取引先のお取り扱い商品の試食や販売、くらしに係わる相談、楽しんで学べる体 験コーナー、健康チェックなどさまざまな出展がありました。
 
 フェスティバルの最後には、上田均副実行委員長(長野県生協連会長理事)が挨拶を行い閉会しました。