活動報告
<< 一覧へ戻る

報告日:2013-08-29

安心・共生の福祉社会をめざし、活動を開始!

内   容:

安心・共生の福祉社会をめざし、活動を開始!
~2013年度 第1回政策委員会開催~

 

福祉など重点課題を行政へ!
2013年度の県政要求案をまとめるため、8月29日第1回政策委員会を開催しました。
最初に昨年度の要求項目と県側の回答及び明確な返事がなかった項目や
改善策が示されなかった項目について県側の再回答を確認しました。
これらの回答はそれぞれ要求を提出した構成団体において再検討し、
今年度の対応と新たな課題に対する要求事項を検討し、10月上旬に開催される第2回委員会に提出し、
県労福協としての要求事項と併せ要求案としてまとめていきます。

 

県労福協としては、勤労者福祉政策をはじめ、県民の安心・安全の生活を守るため、
経済的困窮に対する支援策、雇用情勢改善に対する支援策、「新しい公共」を
地域・県民が推進する施策等を県に要請して行きます。
とりわけ、現在長野県より委託している「生活困窮者自立支援モデル事業(PS事業)」については、
自民党政権下で本年より厚生労働省が主管となり、2015年4月からの法制化(生活困窮者自立支援法)される予定で
国会審議が進められており、国の動向を注視ながら、要請を行います。
また、各構成団体からの要望についてもこの政策委員会の中で検討し、取り入れまいります。
なお、今年度の交渉日程は、11月5日に知事交渉及び部局折衝を行う予定となっています。