活動報告
<< 一覧へ戻る

報告日:2014-02-08

「生涯生活サポート上小地区研修会」開催

内   容:
この画像はクリックすると大きな画像を閲覧できます。

上小労福協主催、暮らしサポートセンター共催による
       「生涯生活サポート上小地区研修会」開催

 

 2月8日(土)上田高砂殿にて毎年恒例になっております
「生涯生活サポート上小地区研修会」を開催しました。
今回は暮らしサポートセンターとの共催で未組織の勤労者の皆さんも参加できるように
対象者を拡げました。
 ご退職後の生活は第二の人生と言われる通り、どう豊かで実りある暮らしを実現するか
考えていただくため、多くの皆さんに参加を呼び掛けました。

 

参加申し込みは昨年同様の60名に迫るものでしたが、当日になって大変な事が起こりました。
大雪に見舞われてしまい関係者を含め36名の参加となってしまいました。
 雪の中を苦労して参加された皆さんにはぜひ有意義な研修会だったと言っていただけるよう
講師の先生方にも力のこもった講演をお願いしました。

 

 講師には、お馴染みの木島好禅社労士と全労済長野県本部の太田公生事業推進部長に依頼し、
木島社労士には「知らないと損をするご退職前後の手続き」・「セカンドライフの資産形成と相続・遺言について」、
太田部長には「セカンドライフの医療保障と保障の再確認について」丁寧にご説明頂きました。   

 

 今回の研修会の構成については、ご退職前後に関するだけでなく相続・遺言さらに介護までと
盛りだくさんの内容で行いましたので、多くの参加者の方が満足なさったと思います。
 アンケートでも内容について8割以上の方がわかり易かったと答えていただいております。
 今後もご退職前の皆様には、ぜひ参加したい研修会として定着させていきたいと考えています。