くらしなんでも相談Q&A

コロナ禍における金銭トラブル②

相談内容

新型コロナウィルス感染症の影響で、収入が激減し、借金(債務)の支払いに困っています。

どうすればよいでしょうか?

解答

借金の返済が困難であれば、なるべく早めに債務整理手続きを行いましょう。債務整理は、借金の減額、

免除または猶予を目的として、法律に則り債務の整理をしたうえで、債務者の経済生活の立て直しを図る

手続きのことです。

債務整理は主に(1)任意整理、(2)破産手続、(3)個人再生手続、(4)特定調停の方法があります。

住宅ローンについては、各金融機関によっては返済に関しての相談に乗ってくれる金融機関も多数あります

ので、まずは相談をしてみる方法があります。また、個人再生手続を利用する場合、住宅ローンについては、

金融機関の同意を得て、現状通り支払い、他の債務について圧縮することも可能です。

最近、給与ファクタリングという名前で給与債権を買い取るというサービスが出てきていますが、給与ファク

タリングは実質的に貸金であり、貸金業登録を受けていない者が行うサービスはヤミ金であると金融庁及び

警察署から注意喚起がされました。また、その利息は年利で700%を超えるケースもあるため、利用は

絶対にやめてください。

例えば、翌月分の給与債権10万円をファクタリング業者に買い取ってもらい、手数料等の名目により

2万円が差し引かれた8万円を受領したとします。一か月後支給された給与から10万円をファクタリング

業者へ支払った場合、月2万円の利息となり、年利300%になります。

もし、誤って利用してしまった場合、弁護士・司法書士にご相談ください。

 

※ワンポイント

債務整理は主に(1)任意整理、(2)破産手続、(3)個人再生手続、(4)特定調停の方法が

あります。 

 

※回答者

司法書士 松本陽(2020.11)

経済関係の相談事例 事例をもっとみる

くらしなんでも相談
ほっとダイヤル

一人で悩まずにまずはご相談ください。
お気軽にお問い合わせください。

0120-39-6029サンキューロウフク受付時間10:00~16:00

専門家相談(毎月第2土曜日)ご相談内容に対し、専門家へお繋ぎいたします

平日相談(月~金、祝祭日を除く)相談アドバイザーがご対応をいたします

くらしなんでも相談Q&A

お応えいただく専門家
【弁護士】ヤミ金融、サラ金、多重債務、自己破産、訴訟問題など
【司法書士】相続・贈与、不動産、各種契約問題など
【社会保険労務士】各種年金問題、健康保険、雇用保険、労災保険・労働問題・職場での悩み(セクハラ・パワハラ)など
【就職相談】就職に関する相談、アドバイスなど

相談事例を見る