くらしなんでも相談Q&A

事業所閉鎖に伴う解雇。パート勤務者の扶養や社会保険はどうなるか?

相談内容

10年間パートタイマーとして勤務してきたが、11月末に事業所が閉鎖となるため解雇される予定である。
1日6H・週4日・1週24Hを基本に働いてきたが、職安に行ったら雇用保険が今年2月からの加入になっており、期間不足で失業給付がもらえないと言われた。
現在、夫の扶養になっているが、所得税や社会保険はどうなるのか。
所得税の扶養でなくなると、夫の会社で扶養手当を削ると言われているが、そういうものか。

解答

今年の2月以前の勤務状況が1週20H以上であれば、雇用保険の取得日を遡って直してもらえる可能性があるので、給与明細を持って職安に行き相談してみること。失業給付が受けられるかもしれない。
退職した時点で給与総額が103万円以内であれば今年は所得税の扶養範囲となる。社会保険の扶養については、年収130万円未満の見込みであればよいことになっているので、それぞれの違いについて注意すること。
扶養手当の支給基準は会社の賃金規定によることとなるので、確認してみること。

※回答者

特定社会保険労務士 山口正人

労働問題の相談事例 事例をもっとみる

くらしなんでも相談
ほっとダイヤル

一人で悩まずにまずはご相談ください。
お気軽にお問い合わせください。

0120-39-6029サンキューロウフク受付時間10:00~16:00

専門家相談(毎月第2土曜日)ご相談内容に対し、専門家へお繋ぎいたします

平日相談(月~金、祝祭日を除く)相談アドバイザーがご対応をいたします

くらしなんでも相談Q&A

お応えいただく専門家
【弁護士】ヤミ金融、サラ金、多重債務、自己破産、訴訟問題など
【司法書士】相続・贈与、不動産、各種契約問題など
【社会保険労務士】各種年金問題、健康保険、雇用保険、労災保険・労働問題・職場での悩み(セクハラ・パワハラ)など
【就職相談】就職に関する相談、アドバイスなど

相談事例を見る