くらしなんでも相談Q&A

離婚の調停申立先と訴訟提訴先

相談内容

結婚して15年。長野市に住んでいたが、3年前から夫婦喧嘩が絶えず、妻は1年前に子どもを連れて秋田市の実家に戻ってしまった。以来、別居生活が続いている。
このままでは仕方なく離婚を決意したが、妻と話し合うにも電話や手紙では離婚の話がまとまらない。
協議離婚ができない場合、どこでどのように手続を進めればよいのか。

解答

協議離婚が成立しない場合、まず家庭裁判所に調停の申立をする。
現在、相談者は長野市に、妻は秋田市に住んでいるので、どこの家庭裁判所に調停の申立をするのかが問題となる。
調停は、相手方の住所地の家庭裁判所に管轄がある(家事審判規則129条)ので、秋田市を管轄する家庭裁判所に申立をすることになる。他に、当事者が合意で定める裁判所にも管轄が認められているが、対立している当事者の間で、この合意ができることは難しい。
なお調停が成立しなかった場合の訴訟については、相談者が住む長野市を管轄する家庭裁判所に訴えを起こすこともできる。

※ワンポイント

【夫婦関係調整調停(離婚)】 
離婚調停の申立人は夫又は妻。必要書類は申立書1通、夫婦の戸籍謄本1通。費用は収入印紙1200円・連絡用郵便切手。
調停手続きでは、離婚そのものの他、離婚後の子どもの親権者、親権者とならない親と子の面接交渉(交流)や養育費、財産分与、年金分割、慰謝料など財産に関する問題も一緒に話し合うことができる。
離婚と共に年金分割の按分割合に関する調停を求める場合は、「年金分割のための情報通知書」が必要。
問合せは、年金事務所(旧社会保険事務所)・年金相談センター、又は各共済年金制度の窓口へ。

※回答者

弁護士 佐藤 豊

家族関係の相談事例 事例をもっとみる

くらしなんでも相談
ほっとダイヤル

一人で悩まずにまずはご相談ください。
お気軽にお問い合わせください。

0120-39-6029サンキューロウフク受付時間10:00~16:00

専門家相談(毎月第2土曜日)ご相談内容に対し、専門家へお繋ぎいたします

平日相談(月~金、祝祭日を除く)相談アドバイザーがご対応をいたします

くらしなんでも相談Q&A

お応えいただく専門家
【弁護士】ヤミ金融、サラ金、多重債務、自己破産、訴訟問題など
【司法書士】相続・贈与、不動産、各種契約問題など
【社会保険労務士】各種年金問題、健康保険、雇用保険、労災保険・労働問題・職場での悩み(セクハラ・パワハラ)など
【就職相談】就職に関する相談、アドバイスなど

相談事例を見る