くらしなんでも相談Q&A

連帯保証人で多額の債務を負うことに。

相談内容

昨年会社が倒産。役員をやっており借入の連帯保証人になっている。
8,000万円もあり、現在、月々わずか返済しているが、とても返せそうもない。
破産も考えたが、不利益はどんなことがあるのか。
生命保険に加入しているが、破産せずに自分が死んだ場合は、どうなるか。

解答

破産の不利益としては、債務を清算できる代わりに財産も全て失うこと、経済的な信用を失うことの外は、一定の資格等に影響があるだけである。生命保険も、解約したときに戻る金があれば財産になるので、相当額になる場合は解約せざるを得なくなることも考えられる。
債務を減額できるか交渉し、返済不可能な額が残るならば、失う財産も考慮の上で破産を考えるべき。
破産せずに死亡した場合、妻子は相続放棄をすれば返済の責任はない。
なお、生命保険の受取人が妻に指定されている場合、相続放棄をしても死亡保険金は受取れる。

※回答者

弁護士 佐藤 豊

経済関係の相談事例 事例をもっとみる

くらしなんでも相談
ほっとダイヤル

一人で悩まずにまずはご相談ください。
お気軽にお問い合わせください。

0120-39-6029サンキューロウフク受付時間10:00~16:00

専門家相談(毎月第2土曜日)ご相談内容に対し、専門家へお繋ぎいたします

平日相談(月~金、祝祭日を除く)相談アドバイザーがご対応をいたします

くらしなんでも相談Q&A

お応えいただく専門家
【弁護士】ヤミ金融、サラ金、多重債務、自己破産、訴訟問題など
【司法書士】相続・贈与、不動産、各種契約問題など
【社会保険労務士】各種年金問題、健康保険、雇用保険、労災保険・労働問題・職場での悩み(セクハラ・パワハラ)など
【就職相談】就職に関する相談、アドバイスなど

相談事例を見る